Proj
J-GLOBAL ID:202104017404030838  Research Project code:20338216

乗法群スパースモデリングによる幾何変換場のモデル化

乗法群スパースモデリングによる幾何変換場のモデル化
National award number:JPMJPR2025
Study period:2020 - 2023
Organization (1):
Principal investigator: ( , 先端科学技術研究科, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR2025
Research overview:
ベクトル場に局所構造を含めた「幾何変換場」を対象として、主要な因子を抽出するスパースモデリング技術および解析結果の可視化技術を開発します。幾何変換には乗法のみが許され、加法による演算は意味を成さないため、加法に基づいて定式化された従来の解析技術をそのまま適用するべきではありません。幾何変換が持つ群としての特性を活かすため、演算を乗法のみに制約したスパースモデリングの定式化を目指します。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 数学と情報科学で解き明かす多様な対象の数理構造と活用
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page