Proj
J-GLOBAL ID:202104017474692498  Research Project code:7700007425

近接場光学顕微鏡のための金属微小開口対型光プローブの開発

近接場光学顕微鏡のための金属微小開口対型光プローブの開発
Study period:2005 - 2005
Organization (1):
Principal investigator: ( )
Research overview:
現在、実用レベルで開発された近接場光学顕微鏡の横分解能はおよそ100nm 程度である。本研究では、この値を1桁上げることの出来る光プローブを提案し、これを用いた近接場光学顕微鏡を試作することを目標としている。開発を行おうとするプローブの特徴は金属薄膜に2つの開口を並べて作成したもので、実際には先鋭化した光ファイバーの先端を金の薄膜で覆い、その頂点に直径30nm程度の接近した2つの開口をあけたものとなる。具体的には(1)金属薄膜を蒸着した光ファイバー先端に近接した2つの微小開口をあける技術を開発する、(2)ファイバーを通して入射したレーザー光の開口付近での分布が局所化していることを確認した上で、現有の近接場光学顕微鏡に組み込み、プローブとしての動作を確認する。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page