Proj
J-GLOBAL ID:202104017511354123  Research Project code:12101914

タンパク質リン酸化酵素SIK3を標的とした抗肥満薬の創製

タンパク質リン酸化酵素SIK3を標的とした抗肥満薬の創製
Study period:2012 - 2013
Organization (1):
Research responsibility: ( , 創薬基盤研究部, プロジェクトリーダー )
Research overview:
タンパク質リン酸化酵素塩誘導キナーゼSIK3の遺伝子破壊マウスは痩身で血糖値が低い。SIK3抑制の生活習慣病における有用効果を示すという目標の元、SIK3抑制低分子化合物の探索、大量精製法の確立、マウスでの検証実験を行った。その結果、ワラビ成分のプテロシンがSIK3シグナルを抑制し、糖尿病モデルマウスの血糖値を低下させた。作用機序を解明したところ、プテロシンには糖尿病薬メトホルミンと同様に、細胞内ATP量を低下させる作用があることが判明した。また、副作用を伴わないことも明らかとなり、計画目的を達成した。本研究成果を元に出願した特許を活用すべく企業との共同研究にも移行したことから、今後は実用化研究に重点を置く。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page