Proj
J-GLOBAL ID:202104017610991020  Research Project code:15665172

合成生物学によるメタン酸化触媒の創製

合成生物学によるメタン酸化触媒の創製
National award number:JPMJCR15P2
Study period:2015 - 2020
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院農学研究科, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR15P2
Research overview:
シェールガスの台頭により未来型資源としてメタンが注目されています。しかし、メタンを有効利用するための夢の反応、“メタノールへのメタン酸化反応”は既存の触媒では依然著しく困難です。一方、地球上には、この反応をすでに実現し、年間10億トンのメタン酸化を実現している微生物がいます。本研究はこの微生物が持つメタン酸化反応の分子機構と原理を解明し、工業生産展開可能な全く新しいメタン酸化触媒を合成生物学により創製、開発します。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 多様な天然炭素資源の活用に資する革新的触媒と創出技術
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page