Proj
J-GLOBAL ID:202104017668121807  Research Project code:09156380

ホウ素含有ナノ粒子の中性子捕捉療法用薬剤化に向けた薬物輸送機能付与のため表面修飾試験

ホウ素含有ナノ粒子の中性子捕捉療法用薬剤化に向けた薬物輸送機能付与のため表面修飾試験
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 工学部, 助教 )
Research overview:
治療が困難な悪性腫瘍(メラノーマやグリオブラストーマなど)に有効な治療法として、ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)がある。BNCTとは、大きな中性子吸収断面積を有する10B原子を腫瘍細胞に導入して中性子照射を行い、生成するα粒子により腫瘍細胞のみを選択的に破壊させる手法である。これまでに申請者はBNCTにおいて高い治療効率を見込める炭化ホウナノ粒子を開発しており、最終目標としてその薬剤化を目指す。本試験では、炭化ホウ素ナノ粒子の表面を腫瘍選択性を有する物質で修飾することによって、腫瘍細胞への選択的導入能を付与するための試験を行う。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page