Proj
J-GLOBAL ID:202104017701415013  Research Project code:15655077

LA-LDI MSを用いた標的タンパク質の結合位置解析法の開発

LA-LDI MSを用いた標的タンパク質の結合位置解析法の開発
National award number:JPMJPR1535
Study period:2015 - 2018
Organization (1):
Principal investigator: ( , 数理物質系, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR1535
Research overview:
生理活性物質(リガンド)に反応基と検出基を導入した誘導体(ケミカルプローブ)は、標的分子の同定や、結合位置の解析に用いられます。本研究では、ピレン基を持つケミカルプローブとマトリックス不要のレーザー脱離イオン化質量分析法を用いて、標的タンパク質とリガンドの結合位置を高精細に解析する手法を開発します。さらに、炎症や痛み作用に関わる、哺乳動物由来の神経毒リガンドの機能作用点の解明を目指します。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 疾患における代謝産物の解析および代謝制御に基づく革新的医療基盤技術の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page