Proj
J-GLOBAL ID:202104017881569935  Research Project code:13415553

分裂様式の操作による細胞運命の制御と個体構築原理の追究

分裂様式の操作による細胞運命の制御と個体構築原理の追究
National award number:JPMJPR13A3
Study period:2013 - 2016
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院理学研究科, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR13A3
Research overview:
多細胞体の構築には、細胞数を増やす「対称分裂」と細胞種を増やす「非対称分裂」の正確な制御が必須です。本提案では、まずオプトジェネティクスを用いて、分裂面決定因子の「局所的」な局在操作を行い、細胞分裂の対称・非対称性を自在に操作する技術の確立を目指します。そして、この操作技術を用いて、細胞分裂面の制御、および細胞の形質・運命の変換メカニズムを、細胞および個体レベルで明らかにすることに挑戦します。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 細胞機能の構成的な理解と制御
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page