Proj
J-GLOBAL ID:202104017901366602  Research Project code:18069507

光による擬似味覚をもちいた味認識・欲求の神経基盤の解明

光による擬似味覚をもちいた味認識・欲求の神経基盤の解明
National award number:JPMJPR1886
Study period:2018 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 医学(系)研究科(研究院), 講師 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR1886
Research overview:
本研究では、マウスの遺伝学的に同定した特定味細胞の活動を、自発的飲水行動に同期した光操作法により人工的に増強または抑制することで、擬似的な「光味覚」を創出し、光味覚に対する味細胞活動と動物の味覚行動への影響を観察・計測します。これにより、味に対する認識・欲求・満足感を規定する末梢感覚入力と中枢神経回路の関係を解明するとともに、生活習慣病の予防戦略を提案します。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 生命機能メカニズム解明のための光操作技術
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page