Proj
J-GLOBAL ID:202104017996867140  Research Project code:7700000380

ウナギが解き明かす精子形成の謎

ウナギが解き明かす精子形成の謎
National award number:JPMJPR9749
Study period:1997 - 2000
Organization (1):
Principal investigator: ( , 水産学部, 助手 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR9749
Research overview:
ウナギは日本人にとって馴染みの深い魚です。このウナギが、実は精子が作られる過程を解析する上で優れた実験材料となります。何故なら、ウナギは生体内は勿論、試験管内でもホルモン等の処理により精子形成を誘導することができるからです。本研究では、このウナギを用いて精子形成制御の分子機構の解明を目指します。
Terms in the title (2):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 素過程と連携
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page