Proj
J-GLOBAL ID:202104018032408304  Research Project code:7700005440

エンジン効率の改善と排気ガス低減を可能とする超強靭性TRIP鍛造鋼の開発と応用

エンジン効率の改善と排気ガス低減を可能とする超強靭性TRIP鍛造鋼の開発と応用
Study period:2006 - 2006
Organization (1):
Principal investigator: ( , 工学部, 教授 )
Research overview:
低合金TRIP 鋼は残留オーステナイトの変態誘起塑性(TRIP)効果を利用してプレス成形性を飛躍的に高めた超高強度鋼である.近年,この鋼板を乗用車のボデーに適用することにより,車体重量と燃費を50%低減させる取組が活発に行われている.この材料をエンジン部品に用いることにより,軽量化による燃費の改善と排気ガスの低減を一層進めることが出来る.代表研究者はこれまでに低合金TRIP鋼の強靭性を飛躍的に高めるγ域鍛造熱処理を開発し,エンジン用鍛造部品に適用することを提案してきた.本研究は,この超強靭TRIP鍛造鋼をエンジン及びその周辺部品に適用する際に最も重要となる疲労強度特性を調査することを目的とする.
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page