Proj
J-GLOBAL ID:202104018040685783  Research Project code:7700006545

Guanylyl cyclaseシグナルを介する免疫応答の制御

Guanylyl cyclaseシグナルを介する免疫応答の制御
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 生命科学部, 教授 )
Research overview:
心房性Na利尿ペプチド(ANP)の受容体と一酸化窒素NOの受容体は、それぞれ膜型および可溶型guanylyl cyclase(GC)である。われわれは、これまでにANPとNOが細胞内cGMPを介して樹状細胞をTh2誘導型へ極性化することを明らかにした。本研究では、われわれが見いだしたこの免疫学的作用をさらに詳細に解析し、GCシグナルを制御する有効な方法を考案し、難治性免疫疾患の新しい治療法の開発を目指す。
Terms in the title (2):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page