Proj
J-GLOBAL ID:202104018115623240  Research Project code:7700007378

絹ペプチドを用いた抗アトピー効果を有する新食品素材の開発

絹ペプチドを用いた抗アトピー効果を有する新食品素材の開発
Study period:2006 - 2006
Organization (1):
Principal investigator: ( , 生命環境科学学部 )
Research overview:
最近の調査から就学児童の約10%にアトピー性皮膚炎が認められ、また、大人での症例が年々増加している。その治療には、ステロイド剤に代表される種々の治療薬が用いられているが、根本的治癒をもたらすに至っていない。特に痒みやそれに由来する切創が生じるため、生活の質を大きく低下させることが問題視されている。そこで、医薬品ではなく、食品を摂取することから、その症状緩和を目指し、新たな食品素材の開発進めた結果、絹タンパク質の部分分解物(ペプチド)が顕著なIgE産生抑制効果を持つことを明らかにした(特許出願済)。そこで、本申請では、絹ペプチドを用いて、作用機所を細胞、分子レベルで明らかにするとともに、アトピー性皮膚炎に有効な新規食品素材としての開発を行う。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page