Proj
J-GLOBAL ID:202104018151913025  Research Project code:10102258

白色シースルー色素増感型太陽電池の製造プロセスを革新する色素ポリマーの開発

白色シースルー色素増感型太陽電池の製造プロセスを革新する色素ポリマーの開発
Study period:2010 - 2010
Organization (1):
Research responsibility: ( , 工学部, 准教授 )
Research overview:
本研究は、申請者が世界で初めて開発した、可視光を透過する「白色シースルー色素増感型太陽電池」の発電効率向上を狙いとするものである。すなわち、現在の近赤外光を選択的に吸収する色素は半導体への吸着時に凝集体を形成して性能が著しく低下するため、この凝集を抑制する画期的な色素の開発を目標とする。具体的には、現在の有望な色素の分子を単位として、配向を制御した色素ポリマーを開発する。この色素ポリマーを用いれば、現在行っている共吸着剤の添加や製造プロセスの複雑な制御は不要となり、安定して高性能な色素/半導体複合薄膜を作製することができる。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page