Proj
J-GLOBAL ID:202104018221400772  Research Project code:09157853

多孔体と酸化チタン粒子の複合化による高活性光触媒の開発

多孔体と酸化チタン粒子の複合化による高活性光触媒の開発
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院工学研究科 )
Research overview:
酸化チタン光触媒は、有害有機物を浄化する優れた機能を有しているものの、実用範囲を広げるためには更なる機能向上が求められている。酸化チタンと多孔性吸着材料を組み合わせると、機能が向上し応用範囲が大きく広がるが、複合化のよりよい方法が模索されている。本研究では、無機合成化学の立場から多孔体と酸化チタンを複合化する新しい方法を探索し、高活性複合光触媒を開発する。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page