Proj
J-GLOBAL ID:202104018321943617  Research Project code:09156454

光を吸収することなく偏光を分離できる高効率偏光板の開発

光を吸収することなく偏光を分離できる高効率偏光板の開発
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院共生科学技術研究院, 技術職員 )
Research overview:
本研究では、複屈折ファイバーを配列させた非吸収型偏光板を開発することし、コストが安く高効率な光外部取り出しが可能な液晶システムを提供する。これまでの研究で、我々のシステムが非吸収型偏光板としての性能を持つことが確認されている。本提案では、更に光取り出し効率を向上させるために、マトリクス樹脂の屈折率、繊維配列間隔と効率の関係を把握し、改善する。そして、ディスプレイの系での応用へとつなげていく。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page