Proj
J-GLOBAL ID:202104018333362709  Research Project code:7700001435

炎症反応分子機構のIL8、接着因子を中心とした解析

炎症反応分子機構のIL8、接着因子を中心とした解析
National award number:JPMJCR9626
Study period:1996 - 2001
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院医学系研究科, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR9626
Research overview:
1)IL8をはじめとしたケモカインの様々な炎症・免疫疾患モデルでの病態生理作用の確立2)ケモカイン受容体のシグナル伝達機構の解析ならびに抗体、特異アンタゴニストの開発3)白血球接着の病態生物学的意義の確立と細胞接着因子を介したシグナル伝達機構の解析4)様々な生体侵襲因子(サイトカイン、微生物由来因子)によるケモカイン遺伝子活性化機構の解析とそれを基礎とした新しい抗炎症・免疫抑制剤の開発5)マクロファージ・樹状突起細胞の発生、分化、活性化分子機序の解析と新規炎症関連遺伝子のクローニングとそれらの機能の確立を目的とします。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 生体防御のメカニズム
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page