Proj
J-GLOBAL ID:202104018517706028  Research Project code:08062256

光機能性・制御性蛋白質による細胞・個体操作

光機能性・制御性蛋白質による細胞・個体操作
National award number:JPMJPR08J5
Study period:2008 - 2011
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院理学研究科 )
Research overview:
光による物質操作は、高い空間分解能と時間分解能を実現できます。本研究は、光受容蛋白質で細胞機能を操作することを目的とし、生命反応が「いつ・どこで・どのように・どれぐらい」起こっているかを明らかにします。特にキナーゼ活性化・不活性化、及び転写調節は生命科学分野で極めて重要な研究課題であり、本研究では、これを人為的に制御し、他の手法ではわからない新しい情報を得ます。
Research program:
Parent Research Project: 光の利用と物質材料・生命機能
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page