Proj
J-GLOBAL ID:202104018636823741  Research Project code:09157762

間欠液パルスインジェクション法によるカーボンナノチューブの高効率製造システムの構築

間欠液パルスインジェクション法によるカーボンナノチューブの高効率製造システムの構築
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院工学研究科, 教授 )
Research overview:
代表研究者らはカーボンナノファイバーの高効率製造が可能な間欠液パルスインジェクション法の開発に成功している。この手法を用いることで80%以上の炭素収率でアスペクト比が高いカーボンナノファイバーを製造可能である。そこで本研究ではこの手法を改良することで、より付加価値の高いカーボンナノチューブの高効率製造法を確立することを目的に実施する。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page