Proj
J-GLOBAL ID:202104018750979239  Research Project code:11102574

稀少遺伝性炎症疾患の原因遺伝子同定に基づく炎症制御法の開発

稀少遺伝性炎症疾患の原因遺伝子同定に基づく炎症制御法の開発
National award number:JPMJCR1195
Study period:2011 - 2014
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 )
Research overview:
本研究では、慢性炎症疾患の家系例のゲノム解析から、炎症応答の進展に決定的な役割を持つ遺伝子変異を同定し、その遺伝子機能を明らかにすることを目的としています。本研究の成功は、これまで知られていなかった炎症応答の進展機構を明らかにできる可能性があるとともに、慢性炎症性疾患に対する画期的な分子標的治療法の開発に大きく貢献できると考えられます。
Research program:
Parent Research Project: 炎症の慢性化機構の解明と制御に向けた基盤技術の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Research project status (1):
  • transferred 平成26年度(2014年度)をもってAMEDに移管

Return to Previous Page