Proj
J-GLOBAL ID:202104018877277004  Research Project code:08069000

新規抗炎症薬としてのジヒドロピリジン誘導体の開発

新規抗炎症薬としてのジヒドロピリジン誘導体の開発
Study period:2008 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院医学研究科, 教授 )
Research overview:
ジヒドロピリジン系カルシウムチャネルブロッカーのいくつかがヒト好中球の活性化を抑制することを最近明らかにした。臨床で用いられているカルシウムチャネルブロッカーのほとんどは鏡像(光学)異性体(S体とR体)の混合物である。我々は特定のブロッカーが鏡像異性体特異的に白血球機能制御作用を示すことを明らかにした。本研究の目的は、鏡像異性体特異的作用を解明し、白血球を標的とした新規抗炎症薬を開発することにある。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page