Proj
J-GLOBAL ID:202104018987685361  Research Project code:09156364

皮膚・粘膜上皮でのがんや感染症の予後診断法の開発

皮膚・粘膜上皮でのがんや感染症の予後診断法の開発
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 保健科学研究院病態解析学分野, 助教 )
Research overview:
皮膚・粘膜免疫の主要な細胞であるNK細胞やγδT細胞はがん化や感染などストレスで誘導されるNKG2Dリガンド(NKG2DL)を認識することで活性化し、異常細胞を排除する。しかし、がん細胞やウイルス感染細胞は可溶型NKG2DLの産生やNKG2DLの発現抑制により免疫監視を回避している。本研究では可溶型NKG2DL測定方法の開発を行い、皮膚や生殖器粘膜上皮でのがんや感染症の予後診断法の確立を目指す。
Terms in the title (6):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page