Proj
J-GLOBAL ID:202104019079380056  Research Project code:08068665

大型構造物の施工時強化仕上げ法

大型構造物の施工時強化仕上げ法
Study period:2008 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院生命体工学研究科 )
Research overview:
溶接が必ず適用される大型構造物(鉄橋、高速道路、高層ビル等)に含まれる熱影響部の結晶粒は必ず肥大化しており、強度や靭性を著しく劣化させる。本研究においては内部歪みを有する金属材料は急速加熱冷却により再結晶するという知見に基づき、溶接施工後(供用前)にその熱影響部にYAGレーザーを照射し、数百ミクロンに肥大化した結晶粒を5ミクロン以下に微細化し、大型構造物の寿命を現在の数十年から2倍以上に延命を図る。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page