Proj
J-GLOBAL ID:202104019165644422  Research Project code:19204513

文字列学的手法によるシーケンシャルデータ解析

文字列学的手法によるシーケンシャルデータ解析
National award number:JPMJPR1922
Study period:2019 - 2022
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院システム情報科学研究院, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR1922
Research overview:
M2M 通信等によって半自動生成される大規模データのほとんどはシーケンシャルデータとみなすことができます。本研究では、リアルタイム処理でストレスフリーに動作し、安価なデバイスにも実装可能で、かつ安全に利用できる多様シーケンシャルデータ解析プラットフォームの構築を目指します。文字列組合せの高度理論、最先端文字列処理アルゴリズム技術、暗号・セキュリティ技術を有機的に融合させることで、目標を達成します。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 数学と情報科学で解き明かす多様な対象の数理構造と活用
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page