Proj
J-GLOBAL ID:202104019263975798  Research Project code:11102027

微生物の生産する抗マラリア活性化合物

微生物の生産する抗マラリア活性化合物
Study period:2011 - 2011
Organization (1):
Research responsibility: ( , 熱帯生物圏研究センター, 准教授 )
Research overview:
マラリア原虫のヘム重合活性を阻害する微生物培養液から活性画分の一つを精製し、同定した結果、トリプトファンであった。トリプトファンを含むアミノ酸の効果については既に報告があるため、特許出願には至らなかった。トリプトファンの構造類似化合物についてもin vitroでの評価を実施したところ、インドールカルボン酸等に高い活性が認められ、今後は、再現性評価、in vivoでの評価について実施する必要がある。また、次世代シーケンサによる活性成分生産微生物のゲノム解析の結果得られた二次代謝産物生合成関連遺伝子の情報を活用して他の活性成分の推定についても進めていく必要がある。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page