Proj
J-GLOBAL ID:202104019384414688  Research Project code:18069733

環境微粒子キチンに対する生体応答機構の解明

環境微粒子キチンに対する生体応答機構の解明
National award number:JPMJPR18H6
Study period:2018 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 医科学研究所, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR18H6
Research overview:
布団などには人の皮屑を主食としているダニが生息しています。ダニの死骸が細かく粉砕された外殻構成成分「キチン粒子」が空気中に浮遊し、それを吸引することで喘息などのアレルギーを引き起こす可能性が提起されました。本研究では、吸い込んだキチン粒子が、どのような機構で生体外へ排除されるのか、また、生体内に残留した場合、どのような機構でアレルギー疾患を引き起こすのかを明らかにすることを目的とします。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 生体における微粒子の機能と制御
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page