Proj
J-GLOBAL ID:202104019458436360  Research Project code:18070433

Computational Perception Design:データ駆動手法による知覚体験設計

Computational Perception Design:データ駆動手法による知覚体験設計
National award number:JPMJPR18JA
Study period:2018 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院情報理工学系研究科, 助教 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR18JA
Research overview:
本研究の目的は、機械学習のようなデータ駆動型の情報処理手法を用いて、人間の知覚現象と感覚刺激の対応関係を計算機で扱える形にモデル化することで、目的とする知覚現象をインタフェース上で表現可能にする方法論を確立することである。こうした方法論が明らかになることで、人間の心や行動の理解を学問の中心に据えてきた心理学がインタフェース設計に効果的に適用されるようになるとともに、心理学における実験手続きの手法を修めていないデザイナーやエンジニアであっても、錯覚現象や多感覚統合などを含む人間の知覚特性を考慮・活用したインタフェースの構築が可能になる。
Terms in the title (6):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 人とインタラクションの未来
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page