Proj
J-GLOBAL ID:202104019516212842  Research Project code:18069106

学習型動態モーフィングによる神経間シグナル伝達特性の解明

学習型動態モーフィングによる神経間シグナル伝達特性の解明
National award number:JPMJPR1875
Study period:2018 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院情報工学研究院, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR1875
Research overview:
異なる時空間解像度で計測された高速共焦点顕微鏡カルシウムイオンイメージングデータを機械学習に基づき統合することで、撮像の時間解像度と空間解像度の限界を超えて緻密な動態を推定する「動態モーフィング手法」を確立します。それにより、生物の神経間結合様式によるカルシウムイオンシグナル伝達特性の違いを明らかにし、生物はなぜ2種類の神経間結合を使うのかという、神経科学と知能情報科学の問題に挑みます。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 計測技術と高度情報処理の融合によるインテリジェント計測・解析手法の開発と応用
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page