Proj
J-GLOBAL ID:202104019524901460  Research Project code:09156743

イカ墨色素粒子を用いた色素増感型太陽電池の開発

イカ墨色素粒子を用いた色素増感型太陽電池の開発
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 物質工学科, 教授 )
Research overview:
研究者らは、函館エリアでイカの加工工程から廃棄されるイカ墨袋から単分散の黒色色素粒子を分離・精製・濃縮することに世界で初めて成功し、食品などに直接印字する用途などで事業化に向けた開発を行っている。ルテニウム錯体を用いた色素増感型太陽電池は高い光電変換効率を有しているが、非常に高価であるため量産化には適していない。色素材料として精製イカ墨を利用し、電気への変換効率を実用化レベルまで引き上げる見通しを得る。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page