Proj
J-GLOBAL ID:202104019635148303  Research Project code:18070008

超核偏極ナノ空間の創出に基づく高感度生体分子観測

超核偏極ナノ空間の創出に基づく高感度生体分子観測
National award number:JPMJPR18GB
Study period:2018 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 工学研究院, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR18GB
Research overview:
MRIは現代医療において不可欠な技術ですが、感度が低いため観測対象は主に生体中に豊富に存在する水に限られます。室温における超高感度化を可能にする方法としてtriplet DNPが近年開発されましたが、固体結晶中の分子しか高感度化出来ないという問題がありました。そこで本研究では「超核偏極ナノ空間」という新概念に基づき、これまで困難であった室温・水中における生体分子の超高感度観測に挑戦します。
Research program:
Parent Research Project: 量子技術を適用した生命科学基盤の創出
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page