Proj
J-GLOBAL ID:202104019661554760  Research Project code:08069955

薬用植物カンゾウの薬理成分トリテルペノイドの生成技術の開発

薬用植物カンゾウの薬理成分トリテルペノイドの生成技術の開発
Study period:2008 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , 薬学部, 准教授 )
Research overview:
薬用植物カンゾウは漢方薬「甘草」として利用され、甘味料、健康食品としても広く用いられている。肝機能改善や抗炎症などの薬理作用をもつトリテルペノイド化合物を多種類含んでいる。カンゾウの成長は遅く、製品として育つまでには数年を必要とする。そのため、短期間に安定してトリテルペノイド化合物を生成する培養細胞開発が切望されている。本課題では、培養細胞の増殖条件、トリテルペノイド化合物の生成条件の検討を行い、医薬品や健康食品、化粧品製品などの生産に応用されることを目標とするものである。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page