Proj
J-GLOBAL ID:202104019780380257  Research Project code:11104032

抗歯周病作用を有する機能性ペプチド素材の開発

抗歯周病作用を有する機能性ペプチド素材の開発
Study period:2011 - 2012
Organization (1):
Research responsibility: ( , 食品研究センター, 主任研究員 )
Research overview:
精白米タンパク質抽出物は、歯周病菌のプロテアーゼRgpを阻害することで歯周病予防効果を発揮するが、溶解性が低いという難点がある。この原因は主要阻害因子であるα-グロブリンのタンパク質化学的性質に起因するため、酵素消化でα-グロブリンをペプチド化することにより、溶解性の改善を図った。すなわち、Rgp阻害活性に必要な最小ペプチド配列を決定し、最小配列を保持できると予想される酵素製剤を選択するとともに、酵素処理条件を検討した。適切な酵素製剤を用いることでα-グロブリンのペプチド化が可能であった。ペプチド化によって溶解度が大幅に向上しただけでなく、Rgp阻害活性も顕著に上昇した。酵素消化の有効性は、精白米タンパク質抽出物でも確認できた。これらの成果に基づいて、今後は高活性の歯周病予防食品素材の実用化を目指していく。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page