Proj
J-GLOBAL ID:202104019838696330  Research Project code:08000751

ニッケルフェライトポーラスバルクを利用した高温エステルセンサー

ニッケルフェライトポーラスバルクを利用した高温エステルセンサー
Study period:2007 - 2007
Organization (1):
Principal investigator: ( , 極限エネルギー密度工学研究センター, 助教授 )
Research overview:
申請者らが発見した、ニッケルフェライトポーラスバルク材料における有機物吸脱着反応による電気抵抗率急変現象を活用し、環境ホルモンなどのエステル類を200°C以上で高温検知可能な素子を開発する。これにより、連続使用が不可能だった高温有機物センサーの実現を目指すことにより、煙突など高温下の環境浄化に寄与することを目指す。
Terms in the title (2):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page