Proj
J-GLOBAL ID:202104019850262419  Research Project code:07100060

分子内包によるカーボンナノチューブ機能材料の創製

分子内包によるカーボンナノチューブ機能材料の創製
National award number:JPMJPR07D3
Study period:2007 - 2010
Organization (1):
Principal investigator: ( , ナノカーボン研究センター, 主任研究員 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR07D3
Research overview:
フラーレンなどの分子を内包したカーボンナノチューブ(CNT)は次世代分子エレクトロニクスを担う1次元ナノヘテロ構造として注目されていますが、そのバンドギャップ変調メカニズムの詳細は未だ明らかではありません。本研究では発光分析法を同物質に適用することによって、分子構造ごとに高分解能でバンドギャップ変調を明らかにし、変調メカニズムに対する指導原理を導きます。また、得られた知見を利用してCNTの高機能化を行ないます。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 構造制御と機能
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page