Proj
J-GLOBAL ID:202104019861102189  Research Project code:09157168

非正統的組換え抑制法の開発と標的ヒト遺伝子破壊技術への応用

非正統的組換え抑制法の開発と標的ヒト遺伝子破壊技術への応用
Study period:2009 - 2009
Organization (1):
Principal investigator: ( , 生命ナノシステム科学研究科(八景キャンパス), 准教授 )
Research overview:
標的遺伝子破壊法(ジーンターゲティング法)により、特定の遺伝子の機能を人為的に失わせることが可能になった。しかし、その効率は悪く、ごく限られた細胞株にしか適用されていないのが現状である。本研究では、ランダム挿入を引き起こす非正統的組換え反応の分子機構を明らかにし、この反応を抑制するための有効な戦略を見いだすことにより、任意の細胞株に適用可能な高効率標的遺伝子破壊法を開発することを目標とする。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page