Proj
J-GLOBAL ID:202104019887764643  Research Project code:11102570

複合体解析から挑む動的エピゲノム制御と多様性

複合体解析から挑む動的エピゲノム制御と多様性
National award number:JPMJPR11S7
Study period:2011 - 2014
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院システム自然科学研究科, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR11S7
Research overview:
エピジェネティクスは可塑的でありながら、ダイナミックな平衡状態にあります。本研究では、新規クロマチン制御因子HiTAP1の分子機能から細胞増殖や寿命といった生命現象との関連性と、酵母から植物、ヒトにおけるエピゲノム制御の共通性や多様性を明らかにします。さらに、エピゲノム機能制御システムのスナップショット複合体解析を行い、新しい解析ツールを用いた生化学的スクリーニング法の開発を目指します。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: エピジェネティクスの制御と生命機能
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page