Proj
J-GLOBAL ID:202104020036128335  Research Project code:20338183

糖化タンパク質精密分離装置の小型化・汎用化の鍵を握る革新的分離メディア開発

糖化タンパク質精密分離装置の小型化・汎用化の鍵を握る革新的分離メディア開発
National award number:JPMJTM20F4
Study period:2020 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 生命環境科学研究科, 教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJTM20F4
Research overview:
タンパク質が糖と反応し体内で生成する糖化タンパク質(AGEs)は40種を超える複雑化合物群で,糖尿病,アテローム性動脈硬化症,慢性腎不全,アルツハイマー型認知症等の変性疾患を悪化させる原因である。AGEsの精密分離・解析は病態認識・治療に重要で,現在,大型高速液体クロマトグラフが用いられているが,分離精度が低く,装置が大型・高価で普及が進んでいない。 本提案では次の2つの相反課題を両立実現できる革新的分離メディアの開発により,町の診療所でのAGEs精密診断の普及を促進する。 1.AGEsの糖化数や位置の精密立体認識による精密分離・定量測定 2.大幅な低圧化による超小型装置・低価格化
Terms in the title (6):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page