Proj
J-GLOBAL ID:202104020044547010  Research Project code:10102158

経皮的腫瘍蒸散術を目的とした形状記憶合金製蒸散プローブの開発

経皮的腫瘍蒸散術を目的とした形状記憶合金製蒸散プローブの開発
Study period:2010 - 2011
Organization (1):
Research responsibility: ( , 医学(系)研究科(研究院), 助教 )
Research overview:
今回の実験の目標1である、『プローブの製作、蒸散条件設定』について、まず実験を進めた。プローブの試作を行い、精度の検証を行った。穿刺のためには2mmのプローブ径が必要と設定したが、機能的に十分か? さらに、蒸散電極部を0.2mmのチタンーニッケルで作成したが、我々の今回の目的であるいかなる腫瘍径・形に合わせたオーダーメードな形状に十分回復できるか、リユースに耐えうるかなど、設定した課題についてひとつひとつ検証を進めた。目標1だけでも検証項目が多く、研究期間は超えたが、引き続き計画にそって研究を進める。
Terms in the title (5):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page