Proj
J-GLOBAL ID:202104020098452813  Research Project code:16817436

スパースモデリングを用いた生体内ライブイメージング技術の限界突破

スパースモデリングを用いた生体内ライブイメージング技術の限界突破
National award number:JPMJPR16UF
Study period:2016 - 2017
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院医学研究科, 大学院生(博士課程) )
Research overview:
生体イメージングは医学、生物学の分野で注目される新しい技術です。しかし、長時間イメージングでは、蛍光シグナルの減弱が見られ、詳細な細胞形態の観察が難しくなります。より長い期間生体内の細胞を観察するため、本研究では取得画像を削減し、レーザーによる蛍光タンパクへのダメージを減らした上で、スパースモデリングと呼ばれる情報学の力を用いて、その画像を補完し詳細な細胞画像を得る技術の開発を行います。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 情報と未来
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page