Proj
J-GLOBAL ID:202104020126820882  Research Project code:08069693

「凍み」操作を応用した新規食品素材の開発

「凍み」操作を応用した新規食品素材の開発
Study period:2008 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , 人間発達文化学類, 准教授 )
Research overview:
本試験では、凍結脱水野菜を短期間で効率よく調製するための「凍み」操作の条件、特に脱水条件を明らかにし、対象食品を根菜類から果菜類へも広げ、新しい食感を持つ新規乾燥食品の可能性を探ることを目的とする。具体的には、ダイコンを用いた凍結・解凍条件の検討、脱水条件の検討を行なう。また対象食品をニンジン・ジャガイモ・キュウリ・ナスなどにも広げ、得られた凍み食品の組織構造、復水性、物性、食味等について評価する。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page