Proj
J-GLOBAL ID:202104020161218575  Research Project code:7700000629

哺乳動物におけるオートファジーの役割とその制御機構

哺乳動物におけるオートファジーの役割とその制御機構
National award number:JPMJPR02RA
Study period:2002 - 2005
Organization (1):
Principal investigator: ( , 基礎生物学研究所, 助手 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR02RA
Research overview:
生命を維持するためには、一旦合成したものを環境変化に応じて適切に分解処理する必要があります 。オートファジーは、リソソームにおける非特異的な主要分解機構であり真核生物に保存されていますが、その具体的な意義はほとんど明らかになっていません。本研究では、提案者がこれまでに得た細胞レベルの知見を、個体レベルの研究へと発展させることにより、哺乳動物におけるオートファジーの意義とその制御機構の解明を試みます。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: タイムシグナルと制御
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page