Proj
J-GLOBAL ID:202104020224576175  Research Project code:12101292

聴覚に障害を持つ情報弱者らの減災に向けた情報保障と実用的防災ネットワークの構築検証研究

聴覚に障害を持つ情報弱者らの減災に向けた情報保障と実用的防災ネットワークの構築検証研究
Study period:2012 - 2013
Organization (1):
Research responsibility: ( , 技術支援センター・第3技術室, 技術専門職員 )
Research overview:
災害時に情報弱者に陥る聴覚障碍者らの減災にむけた情報保障と実用的防災ネットワークの構築検証を行った。被災3県への検証の申込みに対し、沿岸都市部で被害のあった宮城県仙台市の2団体の協力が得られた。聞き取り調査実施後、前年度開発装置に対し機能の改廃をした。被災地内の人的なつながりを念頭に置き、それぞれの要望に応じた機能の追加と非常電源に対応し更に可搬性を考慮した小型省電力化を実現した。検証は仙台市内で計3か所まで拡充した。システムに採用している表示機メーカとの研究相互協力に向けて協議を開始した。今後は近接地域にも展開し将来予見される大震災での防減災が実現する様、機能拡充と実用化を目指して行きたい。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page