Proj
J-GLOBAL ID:202104020229019436  Research Project code:08069388

形態・整合性制御による高温強度に優れる新規軽量材料の開発

形態・整合性制御による高温強度に優れる新規軽量材料の開発
Study period:2008 - 2008
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院理工学研究部 )
Research overview:
本研究者の成果である、合金の化学組成と熱処理条件の最適化により?形態制御と?整合性制御の組合せの最適化を図ることにより、高温強度に有効な強化相を効率よく生成し、自動車用エンジン周りなどの高温使用に耐えうるアルミニウム合金の開発を目的とする。目標は、250°C時効において、最高硬さ100HV以上、引張り強度250MPa、全伸び5%以上を目指す。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page