Proj
J-GLOBAL ID:202104020252403219  Research Project code:7700000925

タンパク質オルガネラ移行と遺伝子発現の非侵襲的時空間解析法の確立

タンパク質オルガネラ移行と遺伝子発現の非侵襲的時空間解析法の確立
National award number:JPMJPR0361
Study period:2003 - 2006
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院理学系研究科, 講師 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR0361
Research overview:
環境変化等の細胞外刺激が引き起こす遺伝子の発現とタンパク質の細胞内諸器官(オルガネラ)への移行は、細胞が効率的かつ協調的に機能するための重要な仕組みです。本研究では、二分した蛍光あるいは発光タンパク質をペプチド組み継ぎ反応(プロテインスプライシング)により再構成させる新たな手法を用いて、生きた細胞内での遺伝子の発現とタンパク質のオルガネラへの移行の詳細を時空間解析する新しい研究手法を確立します。
Research program:
Parent Research Project: 生体分子の形と機能
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page