Proj
J-GLOBAL ID:202104020255358214  Research Project code:12101438

骨代謝を利用した持続的骨修復インテリジェント材料の作製

骨代謝を利用した持続的骨修復インテリジェント材料の作製
Study period:2012 - 2013
Organization (1):
Research responsibility: ( , 工学部生命応用化学科, 助教 )
Research overview:
本研究において、骨修復を目的とした多孔体に骨疾患(骨粗鬆症)の治療に有効な成分として骨形成を促進する亜鉛を選択した。上記研究開発実施期間において研究開発担当者は、生体吸収性骨修復材料として臨床で使用されているリン酸三カルシウム(TCP)多孔体に、亜鉛を導入することを試みた。TCP合成のための原料粉末に亜鉛化合物を導入し、亜鉛含有TCP粉末を合成した。この粉末を使用し従来用いたTCP多孔体の作製法により多孔体を作製し、気孔率約90%の多孔体を作製することができた。次年度の研究開発期間において、多孔体原料粉末への亜鉛導入許容量および多孔体からの亜鉛の放出挙動の制御に取り組む予定である。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page