Proj
J-GLOBAL ID:202104020348522332  Research Project code:19204450

疑似自由度を用いたメソスケール粗視化モデリング

疑似自由度を用いたメソスケール粗視化モデリング
National award number:JPMJPR1992
Study period:2019 - 2022
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院工学研究科, 准教授 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR1992
Research overview:
高分子やソフトマターはナノ・メソスケールにおいて種々の構造を形成し、それがマクロスケールの物性に強く影響します。そのような構造を持つ系を理論や計算で効率的に調べるためには、粗視化と呼ばれる自由度の低減手法が有用です。本研究では、分子の位置等の通常の自由度に加えて拡散係数やポテンシャルを時間とともにゆらぐ疑似熱力学自由度ととらえ、疑似自由度を含めた形の新たな粗視化手法を構築します。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 力学機能のナノエンジニアリング
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page