Proj
J-GLOBAL ID:202104020381817259  Research Project code:12000006

大脳基底核の機能と病態の解明

大脳基底核の機能と病態の解明
Study period:2012 - 2014
Organization (1):
Principal investigator: ( , 生理学研究所 生体システム研究部門, 教授 )
Research overview:
本研究交流は、大脳基底核の機能と、その障害によって引き起こされるパーキンソン病などの病態を明らかにすることを目的としている。具体的には、ドイツ側は、計算論的アプローチによって大脳基底核の機能や、それが障害された際の病態に関するモデリングを行うとともに、臨床神経学の立場からヒトでそのモデルを検証する。日本側は動物実験を担当し、ドイツ側が提唱したモデルの検証や、実験結果に基づいた新たなモデルの提案を行う。両国の研究チームが相互補完的に取り組むことで、大脳基底核の機能やその病態の解明し、大脳基底核疾患の新たな治療法につながる知見がもたらされることが期待される。
Terms in the title (2):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 計算論的神経科学
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page