Proj
J-GLOBAL ID:202104020435343207  Research Project code:18067789

透過型触刺激法の確立と認識行動支援への応用

透過型触刺激法の確立と認識行動支援への応用
National award number:JPMJPR18J9
Study period:2018 - 2021
Organization (1):
Principal investigator: ( , 理工学部(矢上), 講師 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJPR18J9
Research overview:
人と物とが接近・接触する際の認識や行動を支援するための透過型触刺激法を実現します。具体的には、木、布、プラスチックといった身の回りの非金属媒質越しに電磁的に触刺激を提示する方法を確立し、その表面に近づいたり触れたりする際の触感を上書きします。生体に対する安全性の検証を重ねながら、手触りのカスタマイズ、ロボットの接近感や存在感の提示、演奏やスポーツ動作の身体的チュートリアルなどの応用を目指します。
Terms in the title (4):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: 人とインタラクションの未来
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page