Proj
J-GLOBAL ID:202104020488284202  Research Project code:11104549

イオン性界面活性剤を用いた温度誘起コロイド結晶化による光学材料の創成

イオン性界面活性剤を用いた温度誘起コロイド結晶化による光学材料の創成
Study period:2011 - 2012
Organization (1):
Research responsibility: ( , 大学院薬学研究科, 教授 )
Research overview:
本課題は、100nm程度の荷電コロイド粒子が、粒子間に働く静電相互作用により水中で規則的に配列した「コロイド結晶」構造の作成に関するものである。コロイド結晶は新規材料として、フォトニック結晶など光学材料への応用が期待されているが、粒子の電荷が十分大きくなければ結晶化しないため、適用できる粒子が限定されてきた。本課題では、電荷数が低いためこれまで結晶化が困難であったは、高屈折率の酸化チタン粒子を対象に、申請者らが近年開発した、イオン性界面活性剤の吸着量の温度変化を活用した技術により、結晶材料の作成を目標とした。2種類の界面活性剤の混合系を用いることで、酸化チタンの温度誘起結晶化に世界に先駆けて成功した。
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page