Proj
J-GLOBAL ID:202104020496659959  Research Project code:7700005362

C型肝炎に対する抗ウイルス治療の効果を予測する遺伝子検査法の開発

C型肝炎に対する抗ウイルス治療の効果を予測する遺伝子検査法の開発
Study period:2006 - 2006
Organization (1):
Principal investigator: ( , 大学院医学工学総合研究部, 教授 )
Research overview:
● 新規性・独創性:年間3万人が死亡する肝癌の大部分はC型肝炎ウイルス(hepatitis Cvirus, HCV) が原因である。HCV に対する最新の抗ウイルス治療であるインターフェロン・リバビリン併用治療を施行しても半数の患者は治癒しない。本研究はこの治療効果を予測するHCV 遺伝子検査を開発する極めて新規かつ独創的な課題である。● 実用化の可能性:応募者は従来のインターフェロン単独療法の治療効果を予測するHCV 遺伝子診断を開発、併用療法についてもすでに候補遺伝子領域を同定しており実用化の可能性は非常に高い。● 実施内容とその目標:併用療法で治療中の患者血液中のHCV 遺伝子を解析し、治療反応性を決定しているHCV 遺伝子領域を同定し、診断法開発、遺伝子診断サービスの実用化を目指す。
Terms in the title (6):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency

Return to Previous Page