Proj
J-GLOBAL ID:202104020525610999  Research Project code:7700001327

p53によるゲノム防御機構

p53によるゲノム防御機構
National award number:JPMJCR9901
Study period:1999 - 2004
Organization (1):
Principal investigator: ( , 室長 )
DOI: https://doi.org/10.52926/JPMJCR9901
Research overview:
p53はゲノムに傷がついたときなどに量が増加してきて、活性な転写因子となり、ある場合にはG1期に細胞を停止させるが、別の場合にはアポトーシスを誘導して細胞を殺します。この選択のメカニズムの解明をめざします。この選択はp53上のリン酸化或いはアセチル化部位の違いでなされると考えられるので、それらの部位を明らかにします。
Terms in the title (3):
Terms in the title
Keywords automatically extracted from the title.
Research program:
Parent Research Project: ゲノムの構造と機能
Organization with control over the research:
Japan Science and Technology Agency
Reports :

Return to Previous Page